巻き爪矯正は保険適用外。

巻き爪矯正は保険適用外

巻き爪の矯正は医療機関で治してもらっても保険が適用されません。なぜでしょう?実は、巻き爪の矯正は経済産業省からの通達により治療の必要がない予防的ケアとされています。これは、巻き爪の痛みによる歩行の支障を予防することで多くの方が健康を維持できるように、医療機関だけではなく、巻き爪治療院や接骨院、ネイルサロン、高齢者施設でも予防的ケアが受けられるようにすることと、健康保険の財政負担を抑えるという側面があります。ですので、巻き爪矯正は健康保険の適用外となっています。ただし、後で述べる手術療法や出血や化膿などの炎症がある場合の患部の炎症を緩和させる治療については保険適用(※医療機関での確認が必要)となります。

高齢者介護施設におけるフットケアサービスの実施に係る医師法の取り扱いが明確になりました

経済産業省

施設入居者の巻き爪、治療不要部位の予防的ケアは「医業でない」―経産省

Gem Med

コメント

タイトルとURLをコピーしました